shiro's memo in 15
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
挑戦者。
トリノオリンピックも日程が進み、各競技のメダリストが続々決まっていっていますね。
結果は様々なメディアで逐一報道がされているので、ちょっと違うトコを。

“オリンピックは参加することに意義がある”とはいつから言われている言葉なのか分かりませんが、私はこの考え大好きです。
特に冬季を観ていると心からそう思います。

雪や氷を知らない国で育った選手が、大きくなってからその競技と出会い、決して恵まれているとはいえない練習環境のなかで頑張って、ついにオリンピックに出場。
限られた環境がある中でなければ出来ない競技が多い冬季は特に、このような選手が目立って感じるのです。(もちろん、どんなことにもありえる話なのですが…)

たしかに、メダルからは遠いところでの出場なのかもしれないし、強豪国ほど注目もされないかもしれない。
でも、今いる舞台は間違いなくオリンピックなのです。
国から出場者1人…なんて聞くと、すごい格好いい!って思うし、心から応援したくなります。
ゴールラインを切ったときの楽しそうな表情とか見て、メダルだけが楽しみじゃないって忘れてたのかなって。

自分はスポーツどころか何の一芸もないので、オリンピックに出られてるってだけで尊敬します。

現代オリンピックはスポーツの発展と共に規模も広がってきたのでしょうが、こうなったからこそ更にスポーツも繁栄するんでしょうね。
テレビの前の知らない世界に憧れて、興奮して、熱くなる…こんなことが今世界中でおこってるんですよ。 素敵。


だからお願いIOC、出場者のいない国の報道関係者スペースもっと広くとってあげて!!(コレが言いたかった)
国民が楽しみにしてるからって頑張ってるのに、狭すぎやしないですか…あれは。



torino2006に夢中なようで、もちろんチャンピオンズリーグもチェックしております!
| 02:16 | torino2006 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| | - | - | - |